当事務所弁護士の主な著作等のご紹介

Publications

カクイ法律事務所・石井邦尚弁護士が執筆した主な著作等をご紹介いたします。
 

石井邦尚著「ビジネスマンと法律実務家のためのIT法入門」

石井邦尚著書

弁護士 石井邦尚 著
民事法研究会 刊2011年12月発刊

内容

 ITやインターネットの発展・普及に伴う「情報の媒体からの解放」という現象が法制度に新たな課題をつきつけているという観点から、ITに関する法律問題の最新の姿を解説しています。企業担当者や法律実務家のみならず、ITを活用するビジネス戦略を練っている経営陣や起業家の方々など、是非、ご一読ください。

目次

第1章 IT・インターネットの発展・普及と「情報の媒体からの解放」
第2章 「情報の媒体からの解放」に伴う新しいサービスと著作権法
第3章 情報発信に伴う法的責任
    I インターネット上の言論と表現の自由  II 名誉毀損
    III プライバシー権  IV 肖像権、パブリシティ権
第4章 インターネット上の情報発信と媒介者の責任
    I 媒介者の責任  II プロバイダ責任制限法  III 媒介者の責任とP2P
第5章 個人に関する情報の利用と保護
第6章 IT・インターネットの発展と決済
第7章 クラウドコンピューティング

>>民事法研究会の本書紹介ページへ

>>amazon.co.jpでこの本を検索する

ローレンス・レペタ著、石井邦尚訳「闇を撃つ」

北川善太郎・斉藤博監修「知的財産権辞典」

日弁連司法改革実現本部編「司法改革~市民のための司法をめざして」

インターネット記事等

□  中小企業ビジネス支援サイトJ-Net21の法律コラム「個人情報基礎知識〜これだけは押さえよう!個人情報に関わる基礎知識をケースに合わせて学べます。」(全15本、全てを執筆)(2014年2月)【石井弁護士執筆記事一覧へ】

□  中小企業ビジネス支援サイトJ-Net21の法律コラム「会社法務の基礎知識」(監修・執筆)(2009年〜2014年3月)【石井弁護士執筆記事一覧へ】

□ CNET Japan「対談:デジタル著作権ってどうなってるの?(前編)」「対談:デジタル著作権ってどうなってるの?(後編)」(2008年12月、2009年2月)

J-Net21「会社法務の基礎知識」執筆記事一覧

 石井邦尚弁護士が監修・執筆した中小企業ビジネス支援サイトJ-Net21の法律コラム「会社法務の基礎知識」(2009年〜2014年3月)の記事のうち、石井弁護士が執筆した記事の一覧をご紹介します。

契約書

 意外と知らない契約書の基本(1)〜契約書への押印の仕方
 意外と知らない契約書の基本(2)〜契約書を取り交わしていないのに、契約が成立した?
 意外と知らない契約書の基本(4)〜基本契約書とは
 印鑑の管理は適切に
 会社の文書管理を考える〜秘密文書の管理
 会社の文書管理を考える〜契約書や議事録などの管理

組織・運営

 個人情報の保護と活用(1)〜個人情報保護法の基礎
 個人情報の保護と活用(2)〜個人情報漏えいのリスクと対処
 反社会的勢力との関係遮断(1)
 反社会的勢力との関係遮断(2)
 反社会的勢力との関係遮断(3)
 反社会的勢力との関係遮断(4)
 株主総会手続き等の省力化
 取締役会手続き等の省力化

人事・労務

 人事・労務の基礎(1) 自社の就業規則を知っていますか?
 人事・労務の基礎(2) 就業規則の作成・変更の手続き
 人事・労務の基礎(3) 就業規則の不利益変更
 人事・労務の基礎(4) セクハラは社員のモラルの問題?
 人事・労務の基礎(5) 会社が実施すべきセクハラ対策
 管理職に残業代は出ない?
 自転車通勤中の事故に労災は適用される?
 人事・労務の基礎(8) 叱責はパワハラ?
 人事・労務の基礎(9) 労働者派遣(1)
 人事・労務の基礎(10) 労働者派遣(2)
 人事・労務の基礎(11) 育児休業
 職場でのインターネットの私的利用はどのように止めればよいか
 社員の電子メールをチェックしてもよいか
 労働契約法の改正(1)〜「5年ルール」による有期労働契約の無期契約への転換
 労働契約法の改正(2)〜有期労働契約の雇止めルールの明文化など
 従業員の秘密保持義務
 従業員に対する損害賠償請求

インターネット

 インターネット上の発言と法的責任:名誉毀損(1)
 インターネット上の発言と法的責任:名誉毀損(2)
 インターネット上の発言と法的責任:名誉毀損(3)
 インターネット上の発言と法的責任:名誉毀損(4)
 インターネット上の発言と法的責任:プライバシー侵害
 インターネット上の発言と法的責任:肖像権
 インターネット上の発言と法的責任:パブリシティ権
 インターネット上の発言と法的責任:物の写真の利用
 インターネット上の発言と法的責任:加害者の特定(1)
 インターネット上の発言と法的責任:加害者の特定(2)
 インターネット上の発言と法的責任:加害者の特定(3)
 インターネット上の発言と法的責任:プロバイダ等の責任(1)
 インターネット上の発言と法的責任:プロバイダ等の責任(2)
 その営業メール、迷惑メールになっていませんか? 特定電子メール法(1)
 その営業メール、迷惑メールになっていませんか? 特定電子メール法(2)

知的財産法

 インターネットと著作権の基礎(1)-著作権法の改正について
 インターネットと著作権の基礎(2)-著作権法の特徴
 インターネットと著作権の基礎(3)-著作権とは
 インターネットと著作権の基礎(4)-許される行為
 インターネットと著作権の基礎(5)-ロイヤリティフリーは著作権フリー?
 会社名やブランド名、商品名などの使用と保護(1)概説
 会社名やブランド名、商品名などの使用と保護(2)商標の登録
 会社名やブランド名、商品名などの使用と保護(3)商標登録の注意点など
 会社名やブランド名、商品名などの使用と保護(4)商標権侵害と言われたら(1)
 会社名やブランド名、商品名などの使用と保護(4)商標権侵害と言われたら(2)
 会社名やブランド名、商品名などの使用と保護(5)不正競争防止法による保護(1)周知商品等表示の保護
 会社名やブランド名、商品名などの使用と保護(5)不正競争防止法による保護(2)著名商品等表示の保護
 商品デザイン(商品形態)の模倣からの保護(1)意匠法など
 商品デザイン(商品形態)の模倣からの保護(2)不正競争防止法

取引・債権回収

 独禁法上の優越的地位の濫用と高額の課徴金
 カルテルと独禁法
 抱き合わせ販売と独禁法

J-Net21「個人情報基礎知識」執筆記事一覧

 石井邦尚弁護士が執筆した中小企業ビジネス支援サイトJ-Net21の法律コラム「個人情報基礎知識〜これだけは押さえよう!個人情報に関わる基礎知識をケースに合わせて学べます。」(2014年2月)の記事の一覧をご紹介します(全15本、全てを石井が執筆しています)。

1 個人情報を保護するための法律
2 個人情報漏えい事件等の損害賠償額
3 個人情報漏えい事件等に伴う事実上のリスク、漏えい事件等への対処
4 個人情報とは
5「個人情報取扱事業者」でなければ関係ない?
6 個人情報保護法における個人情報取扱事業者の義務の概要
7 個人情報の取得・収集と利用 〜個人情報保護法における「利用目的」による規制
8 個人情報の取得・収集と不法行為責任
9 個人情報の第三者提供と個人情報保護法 〜 ダイレクトメールの発送を外部業者に委託してもよいか?
10 個人に関する情報の第三者提供と不法行為責任
11 個人識別性 〜氏名や住所などを削除したデータならば、第三者に提供してもよい?
12 特に取り扱いに注意すべき情報〜センシティブ情報
13「個人情報保護方針」や「プライバシーポリシー」の策定・公表
14 「プライバシーマーク」って何?
15 個人情報保護ガイドラインとは
Copyright © 2013 KAKUI LAW OFFICE. All Rights Reserved.